楽するプログラマーは調べる力を鍛える

プログラマーに最も求められる能力は「調べる力」だ。よく巷ではIT系は日々勉強し続けなければならないなんて言われるが、実際に仕事をしてると休日に勉強なんてまずやらない。そもそも土日祝日に学んだ知識が実際の業務で役に立つとは限らないし、まぁ役に立たないことの方が多い。だから、実際には業務の中で学びながら作業を進めるのが普通だ。そこで必要になるのが「調べる力」だ。一言で調べるといってもやり方は色々ある。例えば条件分岐のコーディング方法がわからなかったとする。この時、グーグル検索で「条件分岐」とだけ検索する人と「条件分岐 -if文」と検索する人では検索結果は変わってくるだろう。前者の多くはIF文を得るが、後者ならSelect文に辿り着くかもしれない。また、そもそもグーグル検索でなく開発環境に備わったManコマンドで既存のマニュアルを表示したり、右上のヘルプアイコンからHELP機能を使った方が有用かもしれない。この様に調べ方一つとっても状況によっていくつか選択肢がある。どれを選ぶとより早く、より簡単に答えに辿り着けるか。それを探すゲームこそがプログラミングの一つの楽しみ方なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました