プログラミング知識だけではないプログラマーに必要な能力やスキル

プログラマーに必要なスキルや知識、能力といわれて一番に思い浮かぶものは、やはりプログラミングに関する知識でしょう。開発環境に合わせた言語の習得や、必要となればそれに関する資格の取得、ネットワークやハードウェアに関する知識なども時には必要となります。多くの方がそれらを意識し、実際に取得を目指していることでしょう。
しかしプログラマーに必要なものはプログラミングに関する知識やスキルだけではありません。例えばコミュニケーション能力などは、プログラマーに必須ともいえる能力です。プログラマーは一人で仕事をするわけではなく、自分以外のプログラマーやデザイナー、システムエンジニアなどプロジェクトに参加する人々と協力する必要がある場合がほとんどです。そして時にはクライアントとコンタクトを取ることもあるでしょう。きちんとしたコミュニケーション能力があることで、相手の意向を汲んだりプロジェクトを円滑にすすめることができるようになるのです。
常に新しいことを知るための学習能力や情報収集能力も必要なスキルです。プログラミング界隈は日進月歩の世界であり、常に新しい情報が舞い込んできたり知識を更新する必要があります。知識をアップデートするための能力はプログラマーとして長く生きていくためには重要なスキルであるといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました